ページトップへ

分譲住宅・宅地

  • 宅地

パナホーム・コート醍醐

パナソニックホームズの住宅とは?

価値が持続す家

カサート・プレミアム

建ててから費用をかけずに、長く快適に暮らせる、「価値が持続する家」。それがパナソニックホームズの住宅です。”家”に対するパナソニックホームズの姿勢は、創業当時の考え方に基づいています。その姿勢は一貫して、今も変わりません。建てた時だけでなく、その価値が何十年と持続するために、パナソニックホームズでは3つも原則を見つけました。その3つの原則とは、「構造」・「空気」・「時間」です。パナソニックホームズは、この3つの原則に特長のある住宅を、自信をもって提供します。


 

パナソニックホームズの生い立ち

松下住宅第一号

パナソニックホームズは、パナソニックの創業者である松下幸之助の「住まい」に対する想いから誕生しました。戦後復興の間もないころ、日本の住宅事情は実に遅れたものでした。その中、住まいは人の人格形成の場と捉えていた松下の考えから、強靭な躯体、精巧な造りであること。またより多く社会に供給できることを指針にし、工業化住宅(プレハブ)として研究・開発されてきました。

 


パナソニックホームズの住宅の特徴

 

「構造」ー生命と建物を守り抜く構造であることー

構造体

【大型パネル構造】

一度の大きな揺れだけでなく。大地震後の余震も含めた繰り返しの揺れにも耐え抜く構造体で設計されています。パナソニックホームズの特徴は、揺れによる建物の変形量を小さく抑えた構造にあります。耐震等級の倒壊防止で最高の3ランクを取得するだけでなく、耐震等級の倒壊等防止でも3ランクを取得しています。

実大実験

【実大振動実験】

実大住宅で過酷な振動実験を実施しました。阪神・淡路大震災の神戸波や、新潟県中越地震の地震波など、様々な地震波を72回、繰り返し与え続けました。さらに実験装置の油圧能力限界に挑戦。そのエネルギー量は阪神・淡路大震災の神戸波の4.3倍になります。そんな実験にも耐え切り、建物の倒壊はありませんでした。

耐火構造

【火災時の安全・防耐火】

F構法では「もらわない・ひろげない」をキーワードに、地域・規模に応じた防耐火の仕様を設定しています。外壁には木造住宅のモルタル壁20mm厚以上に相当する防火性能のNTC外装材を使用。外部からの火の手にも外壁の内側の表面温度が可燃物燃焼温度まで上昇にしくい防火構造になっています。内部からの出火に対しても、室内の壁や天井下地には、不燃材料の石膏ボードを採用し、炎を広げにくい構造になっています。

 

「空気」ー健康と快適さを叶える空気であることー

オリジナル換気システム

【オリジナル換気システム】

パナソニックホームズの換気システムの特徴は、床下ベース空間から空気を取り込むことにあります。ベース空間内は、無風に近く、入り込んだ外気に含まれる花粉や塵や埃などが自然と沈降します。
さらに工業化住宅として初めて精密機器工場のクリーンルームなどで使用される「HEPAフィルター」を換気システムに導入しました。PM2.5などの微粒子を除去し、澄んだ空気を室内にお届けします。

グリーンガードに認証

【住宅向けグリーンガード認証取得】

パナソニックホームズの住まいは室内空間における化学物質の放散を抑える徹底した取り組みにより、300を超える化学物質について基準値が定められた、世界基準の厳しい認証「グリーンガード認証」を住宅として世界で初めて取得。ご家族の健康のために、世界に認められた質の高い空気をお届けします。

珪藻土

【稚内産の珪藻土】

高湿度状態では吸湿、乾燥時には放湿し、優れた調湿性能を発揮する珪藻土。パナソニックホームズの住宅では、一般的な珪藻土の約3倍の吸放湿性能を誇る稚内産の珪藻土を石膏ボードに練りこんでいます。

 

「時間」ー建築後も安心してくらせる時間が長くずっと続くことー

キラテックタイル

【キラテックタイル】

タイル外壁「キラテック」の表面に太陽の光が当たると、親水性と分解力が生まれ、そこに雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れを浮かせて落ちやすくします。これが「キラテック」のセルフクリーニング効果。メンテナンスの手間も軽減します。

アフターサービス

【長期60年保証制度】

長く快適にお過ごしいただくために、「生涯おつきあいシステム」を推進しています。建物の構造耐力上主要な部分は、充実の初期保証20年間に加え、保証終了時の点検、診断に基づく保証延長工事を行うことで、最長60年の長期保証を実施。

コンセプト

物件価格・概要

ランドプラン

立地・周辺環境

アクセス