ページトップへ

住宅性能

構造・大型パネル構造

大型パネル構造(F構法)

大型パネル構造は、外壁・床・屋根などのパネルを一体化させた「強固なブロック体」です。地震や台風などの外力を、構造体全体で受け止め、建物全体にバランスよく分散し、優れた耐震性を発揮します。工場生産比率が高く、施工日数を短く抑えることができます。
大型パネル構造

 

モノコック構造

構造材を面接合により一体化した、非常に頑強な構造のことです。地震や台風など、、急激に集中する外力を建物全体に分散して受け止めることができるので、構造材そのものの強さを最大限に発揮することができます。新幹線やジャンボジェット機、スペースシャトルなど、強固な耐力を要求される構造物に用いられます。

モノコック構造

モノコック構造イメージ

 

 

パワテックパネル

パワテックパネル

大型パネル構造のパワテックパネルは、構造用面材を鋼製フレームにビス止めしているため、歪みが少なく安定しているのが特徴です。パワテックパネルは、震度5(弱)程度のエネルギー受けた時の建物の高さに対する変形量は1/400程度で、建築基準法で定められた変形量1/200の基準よりはるかに小さくなっています。パワテックパネルをバラス良く配置することにより、家1棟の耐力性能を確保します。

 

 

快速施工システム

外壁やバルコニーなどあらかじめ工場で生産された部材を建築現場に搬入。熟練の専門工事技術者がクレームなどを使って正確・迅速に組み立てていきます。工事期間を短くすることで、コストダウンにつなげるだけでなく、降雨等による建物内部への影響も軽減します。

施工1 施工2 施工3 施工4

住宅性能

トピックス