ページトップへ

住宅性能

キラテックタイル

光触媒技術を応用した「キラテックタイル」

キラテックタイル

セルフクリーニング効果

タイル外壁「キラテック」の表面に太陽の光が当たると、親水性と分解力が生まれ、そこに雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れを浮かせて落ちやすくします。これが「キラテック」のセルフクリーニング効果。

タイル表面に光触媒(酸化チタン)を焼付処理を施しているので、光触媒効果が長続きします。現在の評価技術における各種劣化促進試験により、紫外線に対して60年相当の設計耐用年基準をクリアしていることを確認しています。

セルフクリーニング1

ホコリ、チリの吸着を抑える

光触媒の働きで親水性が生まれ、空気中の水分から薄い水の膜がつくられます。この水膜が、ホコリやチリを吸い寄せる静電気を抑え、汚れが付きにくくなります。

セルフクリーニング2

油汚れを落ちやすくする

光触媒作用によって生まれた分解力で、タイル表面に付いた汚れの付着力が弱められます。排気ガスなどのベタベタ汚れにも、効果を発揮します。

セルフクリーニング3

雨の力で洗い流す

親水性によって、水分がタイルの表面全体に広がるため、雨が降ると雨水が汚れのしたに入り込み、汚れが流れ落ちやすくなります。

 

 

親水性

親水性

 

地球環境に貢献

浄化能力

「キラテック」は光触媒作用によって、大気中の有害汚染物質NOx(窒素酸化物)を分解し、空気を浄化する作用を持っています。そのNOx分解力は「キラテック」200㎡あたりポプラの木、約14本分。建物外観を美しくするとともに、空気をきれいに浄化して、地球環境に貢献します。

住宅性能

トピックス