ページトップへ

テクノロジー

パナホームのテクノロジー

構造

パワテック

HS構法
制震鉄骨軸組構造(HS構法)
NS構法
重量鉄骨ラーメン構造(NS構法)
F構法
大型パネル構造(F構法)

地震の揺れにも頑丈な構造躯体

パナホームの賃貸住宅はパナホームの戸建住宅と同じ構造で作っています。制震鉄骨軸組構造・重量鉄骨ラーメン構造・大型パネル構造の、どの構造躯体も耐震等級3を取得。入居者が安全・安心でお住まい頂けるだけでなく、オーナー様の大切な資産をしっかりとお守りします。


 

繰り返しの地震に強い構造ー座屈拘束技術ー

地震の多い国に建てる家として、地震に強い造りであることが求められます。われわれパナホームは、巨大な地震がきても平然と耐える構造であること、さらに本震の前後に多発する余震にもびくつかない構造である事が必要と考えます。地震に強い構造を可能にする技術が「座屈拘束技術」です。地震の揺れの「引張」にも「圧縮」にも力を発揮し、地震から建物を守ります。一般的なブレース構造と違って、建物の変形量が小さく、地震による損傷も防ぎます。

HSアタックフレームFアタックフレーム左:HS構法アタックフレーム/右:F構法アタックフレーム

座屈拘束技術を採用した”K型”高耐力フレーム
『ATACK FRAME(アタックフレーム)』
K型の「引張・圧縮」ダブルで効果を発揮。

※AntiTense(引張)+AntiCompress(圧縮)
K+Frameの頭文字から成る造語です。

高層ビル建築で使われる「座屈拘束技術」を住宅建築に応用しました。

 

 

パナホームのオリジナルタイル

キラテック

キラテックタイル

光触媒タイル「キラテック」の表面に太陽の光が当たると、親水性と分解力が生まれ、そこに雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れを浮かせて落ちやすくします。これが「キラテック」のセルフクリーニング効果。メンテナスの手間も軽減し、いつまでもキレイな外観を保ちます。